カテゴリー
疑問

体育の日(スポーツの日)と運動会の関係って?秋と春に何故わかれた運動会?

Sponsored Link

体育の日と運動会の関係?

 

昔から、スポーツの秋とはいいますが、

スポーツの春や夏・冬なんて言い方はしないですよね。

それは、ある出来事が、

日本にとっては、戦後復興の証になるための行為があった日なのです。

1964年10月10日、東京オリンピックが開催された事が関係しているのです。

当時のオリンピックを見られた方も中には大勢いるのではないでしょうか。

では、このオリンピックと体育の日の関係性と運動会が

連動しているのはどうしてなのでしょうか?

 

(スポーツの日)体育の日と運動会の関係って関連性があるのか?

 

体育の日が制定されたのは、

オリンピック開会式から2年後の1966年に制定された、国民の休日です。

体育の日と運動会の関連性は、

体育の日の意味が重要な要因となっている様です。

 

その意味とは

「国民がスポーツに親しみ、健康な心身を培う日」

となっています。

 

運動会は、学校での体育の授業で、

成長した心身を発表する場として設けられていますので、

これが、体育の日の意味と、ある程度合致したと言う関係性から、

体育の日に小学校の運動会が行われる事になっていたようです。

全国一律に運動会を10月10日に行っていた訳では無いでしょうが、

体育の日のある週の前後で行っていた事は確かでしょうね。

運動会が秋と春に別れた原因は何?

昔の運動会といったら、10月頃行われているのが当然でしたが、

ここ最近の傾向としては、秋と春に別れて行う事が多くなっています。

Sponsored Link

では、どうして、秋と春に運動会が分かれ始めたのでしょう?

 

春に運動会が開かれるようになった要因

1.クラスの団結力を上げるため

新入学やクラス編成で新しい顔ぶれになる為に、

練習等で交流を深める事ができる。

 

2.暑さ対策のため

地球温暖化のため、秋の運動会でも気温が高いのと、

練習期間する期間の気温が非常に高いので、熱中症対策のため

 

3.秋には学校行事が集中しやすいため

秋には遠足や社会科見学や展覧会などのイベントがぎっしり入っているので、

スケジュール的に厳しいため

 

4.受験生対策のため

小学校高学年あたりから、私立中学受験を考えている方も多く存在している為に、

受験に集中できるように学校側が配慮している傾向がみられます。

 

4の受験生対策は、学校側が個人のために配慮をしているので、

これはちょっと行き過ぎている感じも受けます。

 

小学校の受験は個人的理由ですから、

そこまで配慮する必要はないのでは?という気がします。

 

中学校の場合は、ほとんどの生徒が受験しますから、

学校側が配慮しても問題とは考えにくですけどね。

まとめ

 

体育の日と運動会の関連性と運動会が春に行われる理由などを紹介してきました。

運動会は、もともと富国強兵の元に連帯感や健康増進

・国威発揚の目的でおk菜われ始めたのがきっかけですから、

戦後もその名残で生徒達の連帯感・団結力・体力向上

を目指したことで開催されています。

運動会は、体育の授業の発表の場という

カリキュラムという感じとして取り扱っているという感じが非常に高いです。

それでも、子供達には学校行事の中の一大イベントですからね。

カテゴリー
疑問 知恵袋

不動産取得税申告書の書き方?申告を忘れたらどうなる?

不動産取得税申告書の書き方?

サラリーマンの方にとっては人生で最大の買い物となるのが、

マイホームではないでしょうか。

夢のマイホームを手に入れたからといってそれだけでは、

実は終わらないのです。

この辺りは、行政側も取りっぱぐれしない様に、

税金の収入源を確保するために必死なのです。

課税申告だけでなく、当然ながら税金の減額請求も行われているので、

マイホームを購入しただけでもいろいろな手続きが行われるのです。

 

不動産取得申告書の書き方はどうすればいいのか?

 

まずマイホームを購入した場合には、最低でも3点の提出書類があるのです。

1.不動産取得申告書・減額等申告書(不動産を購入してから60日以内)

2.住まい給付金申請書(不動産を購入してから1年3ヶ月以内)

3.確定申告の住宅ローン減税申請書(不動産を購入した翌年の2月16日~3月15日まで)

の3点を行う必要性があります。

今回は不動産取得申告書の書き方に絞って紹介していきましょう。

基本的には書き方としては、書類に記載されている事を記入していく事だけの事ですが、

印鑑は実印を使う事となっている点と購入した家が共有で購入した場合には、

氏名欄に共有者の全員の名前と持ち分比率を購入しなければなりません。

 

この時に必要になる書類は

1土地の全部事項証明書の写し:コピーは不可

2家の全部事項証明書の写し:コピー不可

3.土地の売買契約書のコピー

4.家屋の売買契約書または工事請負契約書のコピー

5.住民票

6.長期優良住宅の認定通知書の写し:長期優良住宅の認定を受けている場合のみ

 

これらの書類を持参して、不動産取得申請書に書き込んで行けば問題はありません。

また書き漏れがあってもその場で書き直しができるので、

全く問題はありませんから安心して記入してください。

 

不動産取得申請書の申告を忘れてしまった時に、何か大変な事があるのか?

不動産取得申請書は実は減税申請書という扱いにもなっているのです。

ですからこれを提出するかしないかによって、

購入した土地や家の税金が軽減されるか

そのままの税額で納税される違いが生じてしまうのです。

現在の規定では平成30年3月1日までに家を購入された方を対象に

固定資産課税台帳に登録されている価格が減額される事になるのです。

固定資産課税台帳に記載されている価格に対して3%が税金になるのです。

申告する事によって減税を受ける事ができるという仕組みになっているのです。

仮に60日以内の申請を忘れていた場合や

完璧に頭の中からこの申請が抜け落ちていた場合には、

不動産購入後の半年経過したくらいに、

不動産取得税の納税通知書が送られてきます。

忘れていた場合には、通常の固定資産課税台帳に記載されている金額で

計算された税金を支払う事になってしまうので、

若干高めの税金を支払う事になります。

この辺りは、行政側は税金を確実に徴収するために

不動産取得申告書をだして下さいなんて事は一切言ってきませんから、

忘れずに行う事が重要になります。

この段階で不動産取得申告書を出し忘れた事に気が付けば、

とりあえず、住んでいる場所の都道府県税事務所に相談することです。

場合によっては、過去にさかのぼって納付した税金の還付を受ける可能性が秘められているからです。

行政側もそこまでは鬼ではありませんから、

一切相談や減額請求に応じないという事は無いでしょう。

 

まとめ

不動産取得申告書の書き方や申告を忘れたときにはどうなるのか?

について紹介してきました。

申告を忘れた場合には、納税通知書が送られてくる前までに申請を出せば、

問題ないケースもあるようですから、

60日を超えてしまった場合でも一応税事務所に相談する事です。

高い買い物をしたて更に、

高い税金を納めなければならないなんて嫌ですからね。

カテゴリー
疑問 知恵袋

不動産鑑定士試験の日程と難易度がヤバ過ぎる?

不動産鑑定士試験難易度がヤバイ?

一般の資格としては、認知度が若干低めの不動産鑑定士ですが、

実は弁護士や公認会計士となる為の資格と同様に

非常に難しい国家資格なのです。

3大難関資格の1つとされているだけに非常に狭き門となっています。

この不動産鑑定士の日程や難易度はどのようになっているのでしょう。

 

不動産鑑定士試験の日程はどのようになっているのか?

不動産鑑定士試験の所管省庁は国土交通省となっています。

不動産を扱っている訳ですから当然といえば当然ですね。

不動産鑑定士試験自体をおこなっているのが、

国交省の審議会の1つである土地鑑定委員会が取り仕切っているという事です。

この不動産鑑定士試験の日程はどのようになっているかというと

 

1次試験の短答式試験:5月の2回目の日曜日

2次試験の論文式試験:8月の1回目の土・日・月曜日の3日間

 

1次試験を受けてから、3ヶ月未満で2次試験を行う事になっています。

 

平成30年の1次試験の時間と内容は

10時~12時 不動産に関する行政法規

13時30分~15時30分 不動産鑑定評価に関する理論

 

合格発表が6月下旬になっています。

ここから2次試験を受ける事を考えると、

わずか1カ月程度しかない厳しい日程になっているのです。

2次試験は1次試験と同様の時間帯に行われる事になっており、

1日目が民法と経済学

2日目が会計学と不動産鑑定評価に関する理論

3日目が不動産鑑定評価に関する理論と不動産鑑定評価に関する理論の演習

という題材になっています。

合格発表は10月中頃になっていますが、

かなり短期間での日程での行われている事がわかると思います。

 

但し、この不動産鑑定士試験は、

1次試験と2次試験の間が合格発表から1ヶ月程度しか無い為に、

1次試験に合格した方は、

翌年と翌々年の2次試験から受験する事ができる事になっています。

2回だけ1次試験を免除される方式が採用されているのです。

 

不動産鑑定士の試験の難易度が高い!?

不動産鑑定士試験の試験を受ける方の多くが

学生ではなく社会人の方が大半を占めている様です。

会社の実務の上で必要になったためや自分のスキルアップの為という方が多いようです。

国家試験の中でも特Aクラスの試験ですから、

難易度は高い傾向があるようです。

直近10年間の1次試験の受験者数は平均で1700人程度です。

合格者の平均は522人となっています。

合格率の平均は約30%になります。

ここ10年で1次試験の合格者の割合が上昇傾向にあるようです。

また2次試験の受験者数の平均は767人となっています。

ここは重複して試験を受けている方がいる事もあるので、

ある程度多く感じると思います。

合格者の平均は108人です。

合格率は約14%です。

この数字から見ると難関と言われる試験の割には合格率が高いのでは?

と感じるかもしれませんが、

最初の1次試験を受けた人数との最終合格者の割合で見ると

合格率は全体で6%という事になります。

この6%という数字をどうとらえるからは本人次第ですが、

100人中6人しか合格できないと捉えるか、

6人も合格できるんだと捉えるかです。

同じ特Aクラスの国家試験の司法試験の場合には

新制度に以降してからは飛躍的に合格率が上昇しており平均すると約30%にも上ります。

旧試験制度では2~3%の合格率でしたから

新システムの試験方式が合格しやすいようにも感じます。

司法試験と不動産鑑定士の試験では比較しにくいですが、

数字のみで判断した場合には

不動産鑑定士の試験がどれだけ難しいかの判断が付く事でしょう。

 

まとめ

不動産鑑定士の試験の日程や難易度についていろいろ紹介してきました。

受験者数はかなり少ないのが印象的です。

更にそこからの合格率が6%ですから、

最難関の資格となる事は間違い有りません。

司法試験と比較してみましたが、

2010年以降に司法試験は制度自体を変更していますから、

純粋に不動産鑑定士の試験との比較対象にはならないでしょう。

この資格を得るためには日々の努力が必要不可欠という事です。

カテゴリー
疑問 知恵袋

不動産鑑定士は独学で合格できる勉強時間の平均って?

不動産鑑定士の勉強時間平均って?

一般の方に聞き慣れない資格の1つに不動産鑑定士という物があります。

この資格は、日本でも特Aクラスの難題資格とも言われており、

弁護士・公認会計士と共に難しい試験を突破しなければ

合格する事が出来ないです。

ただ弁護士や公認会計士とは違った見方をすれば受かる可能性も

他2つに比べれば高くなる可能性はあります。

 

不動産鑑定士に合格するためにどれだけの勉強時間が必要なのか?

まず皆さんに知っておいてもらいたいのが、

不動産鑑定士の最終的な合格率です。

最終的な合格率は全受験者の2~3%といった、

かなり狭き門ということがわかると思います。

しかし、この資格試験は2段階方式であって、

1次試験では全体の25%が合格しています。

また1次試験が合格している場合には、

2年間の猶予が与えられるために、

2次試験への対策を充分に作ることができるのが利点といってもいいでしょう。

不動産鑑定士に合格するための勉強時間がどれだけ必要なのか?

と考える方がいると思いますが、

基本的には時間よりも中身の問題が大きく左右してきます。

どれだけその参考書や過去問題の内容を理解できるか?

によって時間は短くも長くもなっていきます。

一般的には言われている合格する事ができる時間は、

1000時間とはいわれていますが、

正直これでは、確実に内容を理解している方のみが合格できる時間であって、

1から理解をしていく方の場合には最低でも、

2000時間以上の勉強時間が必要になると思っていた方が良いでしょう。

それにこの不動産鑑定士の受験者の多くが学生ではなく、

社会人の方が圧倒的に多く、

その分、勉強時間に差を付けられやすいとも考えられます。

 

不動産鑑定士は独学のみで合格する事が可能なのか?

先ほど最低でも2000時間以上の勉強時間が必要と紹介しましたが、

社会人となるとそうそう時間が取れる物ではありません。

会社から自宅までが近い方なら、

毎日3時間は勉強出来るかもしれません。

どうやってこの、2000時間を作りだす事重要になってくるわけです。

1次試験は短絡的試験といわれていますから、

ある手度、参考書と過去問を解いて理解するだけで

突破する事は不可能ではありません。

しかし、2次試験の論述式になると、

25%の1次試験合格者から更に2~3%に減ってしまう事になります。

1次試験を受けた中でも、

合格できるかできないか程度の状態も有りうるわけです。

いかにこの論述試験を突破するには、

多くのサイトでは、通学講座に通う事をお薦めしています。

確かにそれ専門の事がらを教えてくれるわけですから、

非常に有効な策は策になります。

但し、家庭がある方にとっては、

その授業料は家計を圧迫するほどの金額と言ってもいいでしょう。

当然ながら独学で論述試験が突破できないわけではありません。

論述試験が突破できない理由としては

論述の採点をする方がいないという事がネックになってしまいます。

論点がある程度あっていれば可能性がありますから、

確実に回答欄の論点の部分とそれへの導入から、

結論の流れがある程度見えていれば問題は少ないと思います。

論述式問題の制限時間は1時間だったと思いますので、

文字数も5000や10000文字以内という数字を出してくるわけではありません。

論点と導き方と結論がしっかりしていれば、

独学でも合格の道が開かれる事になるでしょう。

 

まとめ

不動産鑑定士は独学でも合格できるのか?

勉強時間はどのくらい必要なのかについて紹介してきました。

最難関の国家試験ですから、

確実に合格できる勉強方法は無いです。

いくら通学して勉強している方でも、

確実に合格できている訳ではないのですから、

要はどれだけ内容を理解する事ができるかが勝負どころなのです。

独学で合格を目指すとなれば、

ある程度の年数をかけて合格する目標を持った方が、

心にも余裕ができるでしょう。

例えば5カ年計画などを立てて行動するなどすれば、

5年後の合格を目指して日々理解度を深めていける訳ですからね。

 

カテゴリー
疑問 知恵袋

不動産鑑定士とは?年収とこれからの将来性は?

不動産鑑定士とは?

いろいろな国家資格の中の3大難関資格があります。

それは、弁護士資格・税理士資格・不動産資格関する、不動産鑑定士の資格です。

でもこの不動産鑑定士という職業の名前ってなかなか見かけないですよね。

一体どんな仕事内容なのか?年収はどのくらいなのか?

将来性はどうなのか?などの疑問を解決していきましょう。

 

不動産鑑定士の業務内容はどんなことなのか?

不動産鑑定士の業務内容はと聞かれても、

なかなか答えられる物ではないでしょうか。

不動産鑑定士という名前から現在住んでいる土地の査定価格を調べるかた?

等と思う方も多いでしょう。

簡単に言うと不動産屋の窓ガラスに貼ってある土地や

家屋の価格や賃料などがあると思います。

これは不動産屋が勝手に決めているわけではありません。

これはある程度のその土地や家屋の基準値が原資になって

金額がはじき出される事になっています。

不動産の価格の基準値が適正かどうかを調べたり、

その周辺の環境によって、

この不動産の価格が適正なのかを鑑定することが主な業務になります。

ニュースで土地の路線価格などが報じられる場合がありますが、

この路線価格も適正かどうかを鑑定するのが、

不動産鑑定士の仕事になるのです。

この他にも、不動産の有効活用を考えている方にアドバイスをする、

マンション等を建て変えようとしている時、

事業計画や資金計画を模索している場合等の時に、

アドバイザー的なコンサルティングを行うのも業務の1つになります。

 

不動産鑑定士の収入や将来性がある職業なのか?

日本3大資格の1つの不動産鑑定士です。

このあたりから考えれば相当な収入が見込まれるのでは?と考えます。

弁護士や公認会計士などは、

うまく事業を行えば年収は何千万というかたも大勢いますから、

当然不動産鑑定士もそれに近いものがあるのかもしれません。

不動産鑑定士の平均年収は600万円~700万円と厚労省の資料ではそうなっています。

不動産鑑定士は不動産鑑定士事務所に勤める、

会社に勤める、個人事務所を設けるなどの3タイプの働き方があります。

1番多い働き方は、不動産鑑定士事務所に勤める方です。

この場合には仕事量は豊富ですが、

事務所の規模によって仕事量が左右されるので、

人数が多い事務所の方が年収が多くなる傾向があるようです。

会社に勤めて会社内で不動産鑑定士としての仕事をする方もいます。

この場合は会社の規定によって変わりますが、

ほとんどの方が、普通の社員の方より若干多い程度の様です。

個人事務所を設立した方は、自分の努力とやる気次第で収入が決まってきます。

この資格を取得した場合には事務所に所属してから、

個人事務所を設立するのが良いかと思います。

 

不動産鑑定士の収入が何となくわかった所で、将来性はあるのでしょうか?

不動産鑑定士は特殊な資格だけに、必ず必要な職業なのは確かです。

企業が不動産投資をする場合に仕事がもらえれば、

かなり重宝される存在になります。

但し、地方での開業は意外と行けそうと思う方もいるかと思いますが、

地方はどちらかというと、実績重視の方向性がある為に、

新参者が仕事を得ようとしてもなかなか仕事が得られないという事態になっています。

将来性は、固定概念を捨てて公的仕事に絞らず、

ベンチャーから大手企業までの間で営業をかける事で、

新たな分野の企業体から受注を得る可能性も秘めています。

決して将来性が悪いという事はないでしょうね。

 

まとめ

不動産鑑定士の業務内容や収入などを紹介してきました。

あまり知られていない職業ではありますが、

なかなかやりがいのある業種でもありそうです。

自分の頑張り次第で収入も大きく変化してきますから、

常に努力し続ける事が収入につながって行くようです。

表に出る様な仕事ではありませんが、

コツコツと仕事をする方にはむいているのかもしれませんね。

カテゴリー
疑問 知恵袋 趣味

軽自動車の名義変更、ナンバー変更費用の相場と、代行料金の相場は?

軽自動車の名義変更等の代行料金は?

軽自動車を自分の子どもに譲ったり、

友人に格安で譲るという事もあるでしょう。

最近では、インターネットが普及したことで、

ネットオークションやネットフリマなどで、

軽自動車のやり取りをする方も大勢います。

その場合に、名義変更やナンバー変更は譲られた側や。

購入した側が行わなければならなくなります。

またそれを代行してくれる業者に頼む場合には、

どのくらいの費用がかかったりするのでしょう。

 

軽自動車の名義変更やナンバー変更は簡単に出来る物なのか?

自動車には必ず購入した方の名前が車検証に記入されており、

誰がその車の持ち主なのかがわかるようになっています。

また車検場の管轄地域から出て所有する事になる場合には、

ナンバー変更をしなければならなくなります。

ではこれらは、簡単な変更することが可能なのでしょうか?

軽自動車の名義変更は、軽自動車検査協会で行わなければなりません。

陸運局ではありませんから間違えないように。

所有者が変わってから15日以内に名義変更の申請を行わなければなりません。

この時に多くはナンバープレートの変更も必要になってくる事になります。

必要な書類などは

1.車検証

2.印鑑証明又は住民票

3.ナンバープレート

4.申請依頼書

5.自動車検査証記入申請書(これには旧所有者の認印が必要)

6.自動車取得税申告書

7.軽自動車税申告書

の7つが必要になってきます。

ネットオークション等で購入した場合には、

出品者の認印が必要になる事をお忘れなく。

それさえクリア出来てしまえば、

基本的には車検が残っている場合には、簡単に出来る事になります。

 

軽自動車の名義変更やナンバー変更の費用は?代行するといくらかかるのか?

軽自動車検査協会の場所さえわかってしまえば、

何となく自分でもできそうな気がしますよね。

1日有れば確実に変更することが可能です。

ではこの時どのくらいの費用が掛かるのかが不安になるのではないでしょうか?

 

名義変更とナンバープレート変更にかかる費用

住民票:200円

印鑑証明:300円

車庫証明:500円

ナンバープレート交付費用:1400~6800円

合計2400円~7800円

10000円あればおつりがくる事になります。

では、これを代行してもらうとどのくらいの費用が掛かるのでしょうか?

名義変更と車庫証明にはそれぞれ、

相場として各6000円程度が掛かる事になりそうです。

名義変更と車庫証明変更手続き:12000円~

名義変更のみ:6000円~

という事になります。

業者によってかなり金額が違うので調べてから頼んだ方が良いでしょうね。

 

 

まとめ

軽自動車の名義変更・ナンバープレート変更の費用や代行費用について紹介してきました。

なかなか個人間でのやり取りは少ないと思います。

個人間でやり取りする場合にはトラブルにまで発展する事も多くあるので、

最初から契約書などを交わしておく事が必要かもしれません。

また代行業者に頼む場合には、

12,000円が相場と考えるべきであり、

それ以上の支払いを請求されるようで有れば、

かなりピンはねしている業者と考えてもいいかもしれません。

いくつかの業者を回ってリサーチしておく必要があると思っておいた方が良いでしょうね。

一番いいのは自分で行うのが、一番格安ですからね。

カテゴリー
疑問 知恵袋 趣味

軽自動車を廃車したら税金の還付金はどうなる?廃車の手続きってどうする?

軽自動車を廃車したら?

軽自動車を廃車にした場合に税金の還付金が発生する事を皆さん知っていますが?

廃車と言うとどうしても、事故等で車がボロボロになってしまうイメージがありますが、

行政が言う廃車とは登録を抹消する事を意味しているのです。

実際の所は事故に遭遇して車が壊れたという廃車とは若干意味が違います。

 

 

軽自動車を廃車した場合に税金の還付金が受け取れる?

 

軽自動車を廃車という言葉は先ほども紹介しましたが、

その車に二度と乗らないという事で登録を抹消するという事をさします。

確かに事故などで車の修理が効かないような場合などは、

2度とその車に乗ることができませんから

登録を抹消してスクラップにするのです。

税金の還付金を受け取る場合には、

軽自動車の抹消登録(返納届)を行う必要性があるのです。

この還付金が受け取れるようになったのは、

平成17年11月から施行された自動車リサイクル法によって、

廃車時に発生するコストをユーザーが負担する事が決まっています。

そのため、過払い分となっている車両重量税を還付し始めたのです。

還付金を簡単に渡す行政ではありません。

条件をクリアしないと還付金を受け取ることが出来ないのです。

その条件の1つが、永久抹消登録なのです。

軽自動車の場合は返納届になりますが、意味は全く同じです。

他にも、車検が1カ月以上残っていないと、

還付を受ける事が出来ない・還付金の手続き申請をしないと、

還付金を受け取ることができないのです。

どう考えても、ユーザー側の負担が大きく、

還付される金額は、過払い分のみですから、

労力に見合った還付金ではないような気がしますね。

 

 

軽自動車税は購入してから13年が経過すると税金が高くなる?

軽自動車を返納届を出したたら還付金が戻る事がわかりましたが、

では長く載り続けることで、税金的なデメリットがあるのでしょうか?

それは、毎年5月頃に送られてくる軽自動車税納税通知書です。

軽自動車の場合にはこの税金は10,800円となっています。

これが半永久的に続く訳ではありません。

この税金はある一定期間を過ぎると一律15%の増税になるのです。

その一定期間とは、新車初登録時から13年が経過した時から税金が高くなります。

これは13年が過ぎた車は行政側から見ると古い車という扱いになるのです。

古い車は環境対策に不十分ですから早く新車に乗り換えてくださいという事を促しているのです。

そうすることで、環境対策と経済対策が同時にうまく行くという考えが根底にあるからですね。

 

まとめ

軽自動車の税金の還付金や13年から税金が高くなる?

について紹介してきました。

ECOカー減税やいろいろ行っていますが、

車を購入できる方なら13年経たずに新車を乗り継ぐ事が可能でしょう。

日本国民全てがそう言う人たちではありません。

古い車に乗っているからといって、

環境問題を考えていないわけではないと思うのですけどね。

確かに自動車産業は日本の基幹産業だけに、

常に作り続けなければならな義務をかけられているのと同じですから、

なるべく早いサイクルで新車~廃車までを行いたい行政側と

自動車メーカーが腕を組んだのがこの様な法律のような気もします。

 

カテゴリー
疑問 知恵袋 趣味

軽自動車の税金でも、13年以上の車は高くなる?

軽自動車の税金、13年以上の車は高くなる?

毎年5月頃に送付されてくる自動車税ですが、

これが送られてくるたびに頭を悩ませてしまう方も大勢いるのではないでしょうか。

普通自動車の場合には、2000㏄を超えてくると非常に割高感を感じますからね。

それに比べて軽自動車は、税金が高くなったとはいえ、

まだまだ普通自動車と比較すると税金面では優遇されているように感じます。

 

軽自動車の税金がなぜ上がったのか?

2015年4月1日以降に軽自動車を購入した場合には、

新車・中古車共に、軽自動車税の増税がされています。

2015年3月31日までに購入していれば税金は据え置きの7200円だったのですが、

4月1日以降は10,800円に増税になっているのです。

一気に3,600円分毎年納税する金額が上がるのは軽自動車ユーザーにとっては、

安く維持できると思っていたのに、あてが外れた感じがしますよね。

これには理由があって、

自動車を購入する時にあった自動車取得税を廃止したことで、

購入時の自動車に支払う総額が安く購入できるようになった事に関係があります。

国としては歳入が減った訳ですから、

どこかで補てんしなければならない訳ですから、

その補てん先に軽自動車税の自動車税を引き上げたのです。

軽自動車税は、自動車を持ち続ける限り、

毎年、税金を納税しなければならないので、

軽自動車を長く使用する場合には、

自動車取得税の税金を超える事となってしまいます。

新車を購入した場合には車体価格の総額が安くなるので、

軽自動車税くらいと思うかもしれませんが、

長い目で見れば、それだけ税金を多く納税する事になるのです。

ちょっとでも、国赤字を減らしたい

という考えに基づく増税という事になるのです。

軽自動車税は購入してから13年が経過すると税金が高くなる?

13年経過している軽自動車・普通車の場合に、

自動車税の金額が一気に上がることになっています。

13年目となるのは車検が新車購入時から6回目の車検を通すか通さないかで、

自動車税の納税金額が20%も上昇する事になります。

10,800円×20%=12,960円になるのです。

増税額は2160円の増税となります。

この自動車税の起算点は、

自動車が登録された時点から13年目に増税となるので。

では、なぜ登録時から13年目が経過すると、

税金を20%も上げなければならないのか?という事でしょう。

中古車の場合には、購入した時点で税金が高いものになっている場合もあるのです。

また、排ガス規制やECOカー減税等が関係してきます。

古い車を長く載っても税金が高くなるだけという政府の思惑があっての事です。

国が言いたいのは古い車に乗ってると、

税金は高くなるし地球環境も悪くなるし

今ならECOカー減税も受けれるからという事で、

ECOカーにした方がお得ですよ!

と言っているのです。

それが嫌なら、高い税金を納税してねと言う事なのです。

 

まとめ

軽自動車の自動車税についていろいろ紹介してきました。

2015年の増税は軽自動車のみでしたから、

それだけ今までの税金が安かったという事でしょう。

それでも1,000㏄クラスの自動車税の半分にも満たないわけですから、

決して高い税率とは言い難いです。

但し13年を超えて来ると20%の課税がされますが、

原資小さいだけに上がり幅も少ないです。

これは普通車にのっている方の方が20%の課税はかなり大きいです。

ただ、残念なのはECOカー減税を受けるには、

車をスクラップまでしなければならない条件だったので、

いわゆる日本の名車というわれる車までもが、

姿を消す羽目になってしまったというのがちょっと残念でしたね。

 

カテゴリー
疑問 知恵袋 趣味

軽自動車の車検代金の平均は?車検で必要なものって何?

軽自動車の車検代金は?

現在日本の軽自動車の普及率は50%を超えています

新車の普及率になると40%以上にもなるほど、

それだけ人々の足になっている事がわかります。

車を所有している限り必ず付いて回るのが、

燃料費・税金・車検です。

この中でも車検の費用が群を抜いて一番高い費用になるはずです。

では、軽自動車の車検代金の平均的な金額はいくらぐらいなのでしょう。

 

軽自動車の車検代金の平気的金額はいくらぐらいなの?

車検時期になると憂鬱になる方もいるのではないでしょうか?

車検なんて必要無いんじゃないと思ってしまいます。

しかし道路運送車両法62条に車検についての規定が書かれているのです。

その為道路を走るには、

必ず安全基準を満たしている車しか走れないことになるのです。

車検代金の平均的代金は、

5万円~8万円といったところが相場になります。

この開きは車検を受ける場所によって差異が生じています。

 

ディーラー:6万~8万円

カー用品店:5万~6万5000円

整備工場:5万~6万円

ガソリンスタンド:4.5万円~5.7万円

 

といった金額が相場になっています。

現在の車検はほとんどの物が、

1日車検と呼ばれるもので、

車検項目の点検整備のみの場合がほとんどです。

この車検項目意外に不備が見つかればそれも整備する事になります。

この場合は別途日数が掛かかります。

この開きは事務手数料や基本整備費用の差によって生じる事が多いです。

ディーラーが若干高いのはメーカーとしての

安心安全を確実に行う為の費用と考えればいでしょう。

 

軽自動車税の車検に必要なものって何があるのでしょうか?

先ほど紹介した相場の金額の中には、

既に軽自動車の車両重量税と

自賠責保険・印紙代が含まれていますので、

お金意外で必要な物を紹介していきましょう。

 

車検時に必要な書類

1.車検証

2.自動車損害賠償責任保険証明書

3.軽自動車納税証明書

4.点検整備記録簿

 

の4点が必要になります。

基本的には、軽自動車納税証明書以外は車検証と一緒に車の中で保管されているので、

納税証明書だけ忘れなければ問題ありません。

納税証明書を忘れないようにするには、

納税したその場で車検証のカバーの中に入れておけば忘れる事はありません。

また場合によっては印鑑が必要になるかもしれませんから、

シャチハタ式の印鑑ではなく、

普通の三文盤でいいので持っていっておいた方がいいでしょう。

後の手続きに関する書類は、

担当の方が行ってくれるはずなので大丈夫です。

 

まとめ

軽自動車の車検代の平均金額や車検で必要な物について紹介してきました。

車検を受ける事は本来は継続検査と言われている物です。

最低限どの安全を確保する目的の物ですから、

常に車の状況を把握するのはドライバーの責任となります。

また中には車検を忘れてしまったなど車検期日を過ぎてしまった場合、

トラブルを起こしてしまった時にはありとあらゆる保険が効かないだけでなく、

ドライバー自身も警察の御厄介になる可能性もあるので、

必ず車検は受けましょう。

それに車を長く載りたい方には、

車検は必要な整備システムと思った方がいいでしょうね。

 

カテゴリー
疑問 知恵袋 趣味

軽自動車の税金 いつ届く?支払い場所と支払い方法は?

軽自動車の税金

いつも忘れた頃にやって来るのが、

納税通知書ではないでしょうか。

固定資産税が送られてくるとまたこんなに・・・

と思ってしまいます。

税金は土地家屋だけではなく

自動車・軽自動車・二輪車にも当然かかってきます。

いわゆる自動車税・軽自動車税です。

軽自動車税はいつ頃に届くのでしょうか?

また支払う場所や支払い方法に決まりが有るのでしょうか?

 

軽自動車の納税通知書はいつごろ届くの?

日本の行政の年度の始まりは、4月1日ですから、

この日から新たな税収入の徴収が行われるのです。

軽自動車を4月1日に所有している方には、

軽自動車税が掛かることになります。

軽自動車税納税通知書は4月2日には発行する事が可能な訳ですが、

当然ながらそれは出来ないようです。

たぶんそれなりの、チェックを行って、今所有しているのか?

それとも3月31日以前に手放しているのかを見極めているからでしょう。

納税課の仕事になると思いますが、

予定が5月発送になっているためなのでしょうが、

納税通知書を発行する部署には

人員不足による遅れ等も考えられますよね。

 

軽自動車税納税通知書は大体5月、

ゴールデンウィーク明け又は5月中旬ごろに発送されてきます。

支払い期限が5月31日となっています。

つまり納税するまで、時間がないという事なのです。

ここで納税する事が一番なのですが、

どうしても納税する事が出来ない場合もあります。

その場合には、6月中頃に督促状なる物が送付されてきます。

この場合には7月○日まで納付してください

とキッチリと書かれているでので、

この督促通知が最後の勧告になりますから注意しましょう。

 

軽自動車税の支払う場所と支払い方法は?

軽自動車税が家に届いたら必ず出る言葉は

「はぁ~また税金」と嘆いてしまいそうですよね。

そうならない様にするには

5月には軽自動車税が来ると思っていた方がいいでしょう。

自動車税よりも格段と税金が安ですからね。

軽自動車税を支払う場所や支払い方法については

納税通知書の裏面を見てもらうとわかりますが、

銀行・信用金庫・信託銀行・郵便局・コンビニ

・市税務事務所(納税課)等と記載されています。

市税事務所は5月31日を過ぎると

窓口で受け付けてくれませんから注意してください。

これってケチくさいですよね~。

支払い方法にはいくつかやり方があるようですが、

一番多いのが現金で支払うという方法ではないでしょうか。

納税ですから現金なのですが、

中にポイント還元などを考えている方もいるようです。

nanako等のカードにクレジットカードでチャージをして

軽自動車税をnanakoなどで支払うという方法です。

他にはATMで納める方法もあります。

これは通知書の右上に「ペイジー」のマークがあれば、

ATMで納税出来るシステムです。

ただ現在普及中のシステムのため、

今後増えていき利用率が一番多くなるのではないでしょうか。

クレジットカードで納税する方法です。

これはネットでしか行う事が出来ないです。

また車とカードの名義人が違う場合には、

車と名義人をリンクする様な形が必要になってきます。

また、自動振り落としが出来るのをご存じでしょうか?

これは軽自動車の場合には市納税事務所で手続きを行う必要があります。

これは一番納税を忘れても勝手に落としてくれるので一応便利ですよね。

 

まとめ

軽自動車の税金はいつ届くのか?

と支払う場所や支払い方法について紹介してきました。

軽自動車の場合は2015年以降に購入している方は7200円ですが、

それ以外の方は10,800円で13年を経過している車両は、

約13,000円位だと思います。

普通自動車に比べたら1/3以上も安くなっているので、

経済的には恵まれている税基準だと思います。

この金額であれば、5月に納税通知書が来てもすんなり支払えそうですよね。