カテゴリー
疑問 知恵袋 趣味

軽自動車の名義変更、ナンバー変更費用の相場と、代行料金の相場は?

Sponsored Link

軽自動車の名義変更等の代行料金は?

軽自動車を自分の子どもに譲ったり、

友人に格安で譲るという事もあるでしょう。

最近では、インターネットが普及したことで、

ネットオークションやネットフリマなどで、

軽自動車のやり取りをする方も大勢います。

その場合に、名義変更やナンバー変更は譲られた側や。

購入した側が行わなければならなくなります。

またそれを代行してくれる業者に頼む場合には、

どのくらいの費用がかかったりするのでしょう。

 

軽自動車の名義変更やナンバー変更は簡単に出来る物なのか?

自動車には必ず購入した方の名前が車検証に記入されており、

誰がその車の持ち主なのかがわかるようになっています。

また車検場の管轄地域から出て所有する事になる場合には、

ナンバー変更をしなければならなくなります。

ではこれらは、簡単な変更することが可能なのでしょうか?

軽自動車の名義変更は、軽自動車検査協会で行わなければなりません。

陸運局ではありませんから間違えないように。

所有者が変わってから15日以内に名義変更の申請を行わなければなりません。

この時に多くはナンバープレートの変更も必要になってくる事になります。

必要な書類などは

1.車検証

2.印鑑証明又は住民票

3.ナンバープレート

4.申請依頼書

5.自動車検査証記入申請書(これには旧所有者の認印が必要)

6.自動車取得税申告書

7.軽自動車税申告書

の7つが必要になってきます。

ネットオークション等で購入した場合には、

出品者の認印が必要になる事をお忘れなく。

それさえクリア出来てしまえば、

基本的には車検が残っている場合には、簡単に出来る事になります。

Sponsored Link

 

軽自動車の名義変更やナンバー変更の費用は?代行するといくらかかるのか?

軽自動車検査協会の場所さえわかってしまえば、

何となく自分でもできそうな気がしますよね。

1日有れば確実に変更することが可能です。

ではこの時どのくらいの費用が掛かるのかが不安になるのではないでしょうか?

 

名義変更とナンバープレート変更にかかる費用

住民票:200円

印鑑証明:300円

車庫証明:500円

ナンバープレート交付費用:1400~6800円

合計2400円~7800円

10000円あればおつりがくる事になります。

では、これを代行してもらうとどのくらいの費用が掛かるのでしょうか?

名義変更と車庫証明にはそれぞれ、

相場として各6000円程度が掛かる事になりそうです。

名義変更と車庫証明変更手続き:12000円~

名義変更のみ:6000円~

という事になります。

業者によってかなり金額が違うので調べてから頼んだ方が良いでしょうね。

 

 

まとめ

軽自動車の名義変更・ナンバープレート変更の費用や代行費用について紹介してきました。

なかなか個人間でのやり取りは少ないと思います。

個人間でやり取りする場合にはトラブルにまで発展する事も多くあるので、

最初から契約書などを交わしておく事が必要かもしれません。

また代行業者に頼む場合には、

12,000円が相場と考えるべきであり、

それ以上の支払いを請求されるようで有れば、

かなりピンはねしている業者と考えてもいいかもしれません。

いくつかの業者を回ってリサーチしておく必要があると思っておいた方が良いでしょうね。

一番いいのは自分で行うのが、一番格安ですからね。

カテゴリー
疑問 知恵袋 趣味

軽自動車を廃車したら税金の還付金はどうなる?廃車の手続きってどうする?

軽自動車を廃車したら?

軽自動車を廃車にした場合に税金の還付金が発生する事を皆さん知っていますが?

廃車と言うとどうしても、事故等で車がボロボロになってしまうイメージがありますが、

行政が言う廃車とは登録を抹消する事を意味しているのです。

実際の所は事故に遭遇して車が壊れたという廃車とは若干意味が違います。

 

 

軽自動車を廃車した場合に税金の還付金が受け取れる?

 

軽自動車を廃車という言葉は先ほども紹介しましたが、

その車に二度と乗らないという事で登録を抹消するという事をさします。

確かに事故などで車の修理が効かないような場合などは、

2度とその車に乗ることができませんから

登録を抹消してスクラップにするのです。

税金の還付金を受け取る場合には、

軽自動車の抹消登録(返納届)を行う必要性があるのです。

この還付金が受け取れるようになったのは、

平成17年11月から施行された自動車リサイクル法によって、

廃車時に発生するコストをユーザーが負担する事が決まっています。

そのため、過払い分となっている車両重量税を還付し始めたのです。

還付金を簡単に渡す行政ではありません。

条件をクリアしないと還付金を受け取ることが出来ないのです。

その条件の1つが、永久抹消登録なのです。

軽自動車の場合は返納届になりますが、意味は全く同じです。

他にも、車検が1カ月以上残っていないと、

還付を受ける事が出来ない・還付金の手続き申請をしないと、

還付金を受け取ることができないのです。

どう考えても、ユーザー側の負担が大きく、

還付される金額は、過払い分のみですから、

労力に見合った還付金ではないような気がしますね。

 

 

軽自動車税は購入してから13年が経過すると税金が高くなる?

軽自動車を返納届を出したたら還付金が戻る事がわかりましたが、

では長く載り続けることで、税金的なデメリットがあるのでしょうか?

それは、毎年5月頃に送られてくる軽自動車税納税通知書です。

軽自動車の場合にはこの税金は10,800円となっています。

これが半永久的に続く訳ではありません。

この税金はある一定期間を過ぎると一律15%の増税になるのです。

その一定期間とは、新車初登録時から13年が経過した時から税金が高くなります。

これは13年が過ぎた車は行政側から見ると古い車という扱いになるのです。

古い車は環境対策に不十分ですから早く新車に乗り換えてくださいという事を促しているのです。

そうすることで、環境対策と経済対策が同時にうまく行くという考えが根底にあるからですね。

 

まとめ

軽自動車の税金の還付金や13年から税金が高くなる?

について紹介してきました。

ECOカー減税やいろいろ行っていますが、

車を購入できる方なら13年経たずに新車を乗り継ぐ事が可能でしょう。

日本国民全てがそう言う人たちではありません。

古い車に乗っているからといって、

環境問題を考えていないわけではないと思うのですけどね。

確かに自動車産業は日本の基幹産業だけに、

常に作り続けなければならな義務をかけられているのと同じですから、

なるべく早いサイクルで新車~廃車までを行いたい行政側と

自動車メーカーが腕を組んだのがこの様な法律のような気もします。

 

カテゴリー
疑問 知恵袋 趣味

軽自動車の税金でも、13年以上の車は高くなる?

軽自動車の税金、13年以上の車は高くなる?

毎年5月頃に送付されてくる自動車税ですが、

これが送られてくるたびに頭を悩ませてしまう方も大勢いるのではないでしょうか。

普通自動車の場合には、2000㏄を超えてくると非常に割高感を感じますからね。

それに比べて軽自動車は、税金が高くなったとはいえ、

まだまだ普通自動車と比較すると税金面では優遇されているように感じます。

 

軽自動車の税金がなぜ上がったのか?

2015年4月1日以降に軽自動車を購入した場合には、

新車・中古車共に、軽自動車税の増税がされています。

2015年3月31日までに購入していれば税金は据え置きの7200円だったのですが、

4月1日以降は10,800円に増税になっているのです。

一気に3,600円分毎年納税する金額が上がるのは軽自動車ユーザーにとっては、

安く維持できると思っていたのに、あてが外れた感じがしますよね。

これには理由があって、

自動車を購入する時にあった自動車取得税を廃止したことで、

購入時の自動車に支払う総額が安く購入できるようになった事に関係があります。

国としては歳入が減った訳ですから、

どこかで補てんしなければならない訳ですから、

その補てん先に軽自動車税の自動車税を引き上げたのです。

軽自動車税は、自動車を持ち続ける限り、

毎年、税金を納税しなければならないので、

軽自動車を長く使用する場合には、

自動車取得税の税金を超える事となってしまいます。

新車を購入した場合には車体価格の総額が安くなるので、

軽自動車税くらいと思うかもしれませんが、

長い目で見れば、それだけ税金を多く納税する事になるのです。

ちょっとでも、国赤字を減らしたい

という考えに基づく増税という事になるのです。

軽自動車税は購入してから13年が経過すると税金が高くなる?

13年経過している軽自動車・普通車の場合に、

自動車税の金額が一気に上がることになっています。

13年目となるのは車検が新車購入時から6回目の車検を通すか通さないかで、

自動車税の納税金額が20%も上昇する事になります。

10,800円×20%=12,960円になるのです。

増税額は2160円の増税となります。

この自動車税の起算点は、

自動車が登録された時点から13年目に増税となるので。

では、なぜ登録時から13年目が経過すると、

税金を20%も上げなければならないのか?という事でしょう。

中古車の場合には、購入した時点で税金が高いものになっている場合もあるのです。

また、排ガス規制やECOカー減税等が関係してきます。

古い車を長く載っても税金が高くなるだけという政府の思惑があっての事です。

国が言いたいのは古い車に乗ってると、

税金は高くなるし地球環境も悪くなるし

今ならECOカー減税も受けれるからという事で、

ECOカーにした方がお得ですよ!

と言っているのです。

それが嫌なら、高い税金を納税してねと言う事なのです。

 

まとめ

軽自動車の自動車税についていろいろ紹介してきました。

2015年の増税は軽自動車のみでしたから、

それだけ今までの税金が安かったという事でしょう。

それでも1,000㏄クラスの自動車税の半分にも満たないわけですから、

決して高い税率とは言い難いです。

但し13年を超えて来ると20%の課税がされますが、

原資小さいだけに上がり幅も少ないです。

これは普通車にのっている方の方が20%の課税はかなり大きいです。

ただ、残念なのはECOカー減税を受けるには、

車をスクラップまでしなければならない条件だったので、

いわゆる日本の名車というわれる車までもが、

姿を消す羽目になってしまったというのがちょっと残念でしたね。

 

カテゴリー
疑問 知恵袋 趣味

軽自動車の車検代金の平均は?車検で必要なものって何?

軽自動車の車検代金は?

現在日本の軽自動車の普及率は50%を超えています

新車の普及率になると40%以上にもなるほど、

それだけ人々の足になっている事がわかります。

車を所有している限り必ず付いて回るのが、

燃料費・税金・車検です。

この中でも車検の費用が群を抜いて一番高い費用になるはずです。

では、軽自動車の車検代金の平均的な金額はいくらぐらいなのでしょう。

 

軽自動車の車検代金の平気的金額はいくらぐらいなの?

車検時期になると憂鬱になる方もいるのではないでしょうか?

車検なんて必要無いんじゃないと思ってしまいます。

しかし道路運送車両法62条に車検についての規定が書かれているのです。

その為道路を走るには、

必ず安全基準を満たしている車しか走れないことになるのです。

車検代金の平均的代金は、

5万円~8万円といったところが相場になります。

この開きは車検を受ける場所によって差異が生じています。

 

ディーラー:6万~8万円

カー用品店:5万~6万5000円

整備工場:5万~6万円

ガソリンスタンド:4.5万円~5.7万円

 

といった金額が相場になっています。

現在の車検はほとんどの物が、

1日車検と呼ばれるもので、

車検項目の点検整備のみの場合がほとんどです。

この車検項目意外に不備が見つかればそれも整備する事になります。

この場合は別途日数が掛かかります。

この開きは事務手数料や基本整備費用の差によって生じる事が多いです。

ディーラーが若干高いのはメーカーとしての

安心安全を確実に行う為の費用と考えればいでしょう。

 

軽自動車税の車検に必要なものって何があるのでしょうか?

先ほど紹介した相場の金額の中には、

既に軽自動車の車両重量税と

自賠責保険・印紙代が含まれていますので、

お金意外で必要な物を紹介していきましょう。

 

車検時に必要な書類

1.車検証

2.自動車損害賠償責任保険証明書

3.軽自動車納税証明書

4.点検整備記録簿

 

の4点が必要になります。

基本的には、軽自動車納税証明書以外は車検証と一緒に車の中で保管されているので、

納税証明書だけ忘れなければ問題ありません。

納税証明書を忘れないようにするには、

納税したその場で車検証のカバーの中に入れておけば忘れる事はありません。

また場合によっては印鑑が必要になるかもしれませんから、

シャチハタ式の印鑑ではなく、

普通の三文盤でいいので持っていっておいた方がいいでしょう。

後の手続きに関する書類は、

担当の方が行ってくれるはずなので大丈夫です。

 

まとめ

軽自動車の車検代の平均金額や車検で必要な物について紹介してきました。

車検を受ける事は本来は継続検査と言われている物です。

最低限どの安全を確保する目的の物ですから、

常に車の状況を把握するのはドライバーの責任となります。

また中には車検を忘れてしまったなど車検期日を過ぎてしまった場合、

トラブルを起こしてしまった時にはありとあらゆる保険が効かないだけでなく、

ドライバー自身も警察の御厄介になる可能性もあるので、

必ず車検は受けましょう。

それに車を長く載りたい方には、

車検は必要な整備システムと思った方がいいでしょうね。

 

カテゴリー
疑問 知恵袋 趣味

軽自動車の税金 いつ届く?支払い場所と支払い方法は?

軽自動車の税金

いつも忘れた頃にやって来るのが、

納税通知書ではないでしょうか。

固定資産税が送られてくるとまたこんなに・・・

と思ってしまいます。

税金は土地家屋だけではなく

自動車・軽自動車・二輪車にも当然かかってきます。

いわゆる自動車税・軽自動車税です。

軽自動車税はいつ頃に届くのでしょうか?

また支払う場所や支払い方法に決まりが有るのでしょうか?

 

軽自動車の納税通知書はいつごろ届くの?

日本の行政の年度の始まりは、4月1日ですから、

この日から新たな税収入の徴収が行われるのです。

軽自動車を4月1日に所有している方には、

軽自動車税が掛かることになります。

軽自動車税納税通知書は4月2日には発行する事が可能な訳ですが、

当然ながらそれは出来ないようです。

たぶんそれなりの、チェックを行って、今所有しているのか?

それとも3月31日以前に手放しているのかを見極めているからでしょう。

納税課の仕事になると思いますが、

予定が5月発送になっているためなのでしょうが、

納税通知書を発行する部署には

人員不足による遅れ等も考えられますよね。

 

軽自動車税納税通知書は大体5月、

ゴールデンウィーク明け又は5月中旬ごろに発送されてきます。

支払い期限が5月31日となっています。

つまり納税するまで、時間がないという事なのです。

ここで納税する事が一番なのですが、

どうしても納税する事が出来ない場合もあります。

その場合には、6月中頃に督促状なる物が送付されてきます。

この場合には7月○日まで納付してください

とキッチリと書かれているでので、

この督促通知が最後の勧告になりますから注意しましょう。

 

軽自動車税の支払う場所と支払い方法は?

軽自動車税が家に届いたら必ず出る言葉は

「はぁ~また税金」と嘆いてしまいそうですよね。

そうならない様にするには

5月には軽自動車税が来ると思っていた方がいいでしょう。

自動車税よりも格段と税金が安ですからね。

軽自動車税を支払う場所や支払い方法については

納税通知書の裏面を見てもらうとわかりますが、

銀行・信用金庫・信託銀行・郵便局・コンビニ

・市税務事務所(納税課)等と記載されています。

市税事務所は5月31日を過ぎると

窓口で受け付けてくれませんから注意してください。

これってケチくさいですよね~。

支払い方法にはいくつかやり方があるようですが、

一番多いのが現金で支払うという方法ではないでしょうか。

納税ですから現金なのですが、

中にポイント還元などを考えている方もいるようです。

nanako等のカードにクレジットカードでチャージをして

軽自動車税をnanakoなどで支払うという方法です。

他にはATMで納める方法もあります。

これは通知書の右上に「ペイジー」のマークがあれば、

ATMで納税出来るシステムです。

ただ現在普及中のシステムのため、

今後増えていき利用率が一番多くなるのではないでしょうか。

クレジットカードで納税する方法です。

これはネットでしか行う事が出来ないです。

また車とカードの名義人が違う場合には、

車と名義人をリンクする様な形が必要になってきます。

また、自動振り落としが出来るのをご存じでしょうか?

これは軽自動車の場合には市納税事務所で手続きを行う必要があります。

これは一番納税を忘れても勝手に落としてくれるので一応便利ですよね。

 

まとめ

軽自動車の税金はいつ届くのか?

と支払う場所や支払い方法について紹介してきました。

軽自動車の場合は2015年以降に購入している方は7200円ですが、

それ以外の方は10,800円で13年を経過している車両は、

約13,000円位だと思います。

普通自動車に比べたら1/3以上も安くなっているので、

経済的には恵まれている税基準だと思います。

この金額であれば、5月に納税通知書が来てもすんなり支払えそうですよね。

 

カテゴリー
疑問 知恵袋 趣味

軽自動車人気ランキング高齢者用は燃費で決めている?

高齢者用は燃費で決めている?

 

街中を昼間走っていると、

高齢者マークを付けている車が非常に多いのに

気が付く方も多いのではないでしょうか?

中には、高級外車や日本の高級車にのっていますが、

特に多いのは軽自動車です。

大勢乗っているという訳ではありませんから、

買い物やちょっとした足として利用している方がほとんどではないでしょうか。

では高齢者の方はどんな基準で軽自動車を選択しているのでしょう。

 

高齢者の方が選ぶ軽自動車人気ランキング!

 

高齢者の方にとってはなかなか普通車以上の車を運転しているという方は少ないでしょう。

それに、軽自動車ならコンパクトで、小回りが効くという利点もあります。

では、高齢者ドライバーに人気の軽自動車をいくつか紹介してみましょう。

 

1.日産 デイズ

ハイトワゴンタイプになります。最新安全装備のエマジェンシーブレーキや踏み間違い防止機能は標準装備されています。

燃費は30.4km/L(最下位グレードにはブレーキ回生機能は付いていない)

価格 115~182万円

 

2.ダイハツ ムーブ

普通軽自動車タイプとハイトワゴンタイプの中間に位置するタイプになります。

最新安全装備はスマートアシストⅢ機能を一部上位グレードに標準装備しています。

燃費は27.4km/L~31.0km/L

価格111~135万円

 

3.ホンダ N-WAGON

Nシリーズのハイトワゴンタイプになります。

最新安全装置は、一部グレードを除き、低速域衝突軽減ブレーキと誤発進抑制装置がセットになったシティブレーキアクティブシステムを搭載しています。

燃費は26.0~29.4km/L

価格109~139万円

 

3台紹介しましたが、燃費はどの車両も30km/L辺り出ている事になるので、

それほど差がない事になります。

ボディ形状がハイトワゴンタイプを選択しているところが、

高齢者ドライバーの特徴なのかもしれません。

室内はある程度広くて、小回りが効き、燃費もいいといったところでしょう。

 

高齢者が軽自動車を選ぶ基準はやはり燃費なのか?

 

高齢者に人気の軽自動車をいくつか紹介しましたが、

どの様な基準で軽自動車を購入しているのかというと

1.夫婦2人で乗る

2.ボディサイズがそれほど大きくないが室内は広め

3.最新安全装備が付いている

4.小回りが効きやすい

5.低燃費性能

6.事故をした場合に安全性が高いタイプ

この6点が上げられています。

 

燃費だけで軽自動車を選択しているという訳ではないようです。

子ども達が独立している事からワンボックスや普通車は必要がなくなっている事と、

買い物に行って荷物を積める必要性が普通車から軽自動車に変更する大きな理由の様です。

中には、生活の為ではなく、趣味に軽自動車のスポーツタイプを購入する方も大勢います。

一概に燃費で車を選んでいるという訳ではないようですね。

万が一の時の為にという事で、

安全装備や安全性が高いタイプが選ばれている率が高いようです。

 

まとめ

高齢者に人気の軽自動車と軽自動車を選ぶ基準について紹介してきました。

燃費で車を選んでいる訳ではない事がわかったと思います。

経済性よりも安全性に重きを置いている方が多いようです。

確かに踏み間違えによる事故が多発していますから、

それに対しての事だと考えていいでしょう

。実際高齢者ドライバーの踏み間違い事故は多いのですが、

次に多いのが20代の方なのです。

誰にでも踏み間違えが起きる可能性があるという事が

データーでは示されている様ですね。

カテゴリー
疑問 知恵袋 赤羽 趣味

軽自動車で人気な中古車は女性がターゲット!

軽自動車で人気な中古車は女性がターゲット!

 

日本の軽自動車は世界の中でも、日本独自の大きさとなっており、

極めて珍しい車と言われています。

細い道が多い日本でどこにでも入って行ける軽自動車ですが、

普通自動車の1Lクラスよりも税金は安く、

1Lクラスに負けない走りができるため、非常に人気高くなっています。

小さい車だけに女性をターゲットにしている車両も非常に多く見受けられます。

 

軽自動車が人気な理由とは

現在日本国内の軽自動車の割合を知っていますか?

実に36%の割合になっているのです。

3台に1台が軽自動車という事になります。

これにはなにか理由があると考えるべきなのでしょう。

その考えられる理由とは!?

1.税金が安い

先ほど紹介しましたが、軽自動車は税金が安いのが魅力的といった方が良いでしょう。

軽自動車税が圧倒的に安いのです。

2015年に増税されたとはいえ、毎年4月に来る納税通知書には10800円と記入されています。

これは普通自動車クラスではありえない金額なのです。

 

2.日本でしか販売されていない

今の自動車業界はワールドワイズされているために、

日本国内よりも、世界に目が向いている状態なのです。

その結果、国内でもより大型化が進んでいるのですが、

軽自動車だけは輸出していないために国内の生産限定になっています。

特に注目すべき点は、横幅です。

1480mm以下が基準ですから狭い日本の道路事情を考えると、

狭い道でも苦にする事なく走れるので魅力なのです。

 

3.室内空間の拡大化

外側のサイズ規制はそのままに、

居住空間の拡大が大きく目立ちます。

ボディサイズを規格ギリギリまで大きくすることで

居住空間を広く取る事ができるようになったからです。

以前はどうしても狭いという印象がありましたが、

現在ではゆとりの空間も感じられるほど中は広々空間になっています。

 

軽自動車の中古車は女性がターゲットなのか?

最近の軽自動車エクステリアは角がない様な丸みを帯びたデザイン性の物が多く、

可愛らしいデザインになっています。

また、カラーリングも昔のように、白・黒・シルバーではなく、

パステルカラーも取りそろえる事によってより、

女性ドライバーをターゲットにした物に切り替わっている車種が多いです。

中古車というよりか新車の段階で、

メーカー(スズキ・ダイハツ等)は、

女性を意識した車作りをメインにしている場合が非常に多い事が言えます。

軽自動車の中は自分の別の部屋、

という認識をしている方が多いのもその特徴と言えるかもしれません。

また、女性の中には運転がちょっと苦手なので、

新車より中古車の方がという方も多くいる事から、

新車よりも中古車を購入する方も多く存在する事になるのです。

基本的には中古車屋では、女性ターゲットとして取り揃えている所もありますが、

多くは男性向けの場合も多いので、

軽自動車中古車で女性が気楽に入れる中古車ショップは、

非常に少ないのが現状といってもいいかもしれませんね。

 

まとめ

軽自動車で人気中古車は女性がターゲットなのか?などを紹介してきました。

軽自動車にのっている女性の割合は多いと思います。

家庭でも2代目はママ用に軽自動車という家も多いのではないでしょうか。

昨今の車事情からすれば、

税金・燃費・最新安全装置が軽自動車の購入に最低限と考えられているだけに、

新車購入よりは、中古車で車体価格を下げたい!

と考えている方も多いのではないでしょうか。