カテゴリー
赤羽

赤羽のディープなうなぎ屋は地元民しか知らないと思う喜多川

Sponsored Link

赤羽レトロなうなぎ屋

喜多川

この店は、私のようなおばちゃんでも入りづらい店構え

先月、たまたま、旦那さんと入った店なのだが、レトロな店構えで、綺麗とは言えないし、

赤羽には沢山の美味しいうなぎ屋があるのに、何でここ?と聞いてみたら
理由は、入ったことないし、昔からありそうでいいんじゃない?
そんな理由か….

入ってみると、角刈りのおっちゃんが1人、カウンターにサラリーマン1人50代くらいの方が焼き鳥食べてる。

仕切りなしの小さいお座敷があり、4人座れるかな?というテーブルが、私たちはそこに座りとりあえずビールを頼んでみた。ビールは瓶ビールのみです。
そのお座敷は私たちが座っている隣にテーブルがあるのだが、色んな物が乱雑に置かれていて、片付けたら、
2人は座れるなという感じなのだが、、、

 

カウンターのサラリーマンにつられて、取り敢えず先に、焼き鳥2本を頼んだ、
その後、すぐに、鰻丼、天丼を頼みました。

最初に頼んだ焼き鳥が、まだ来ない、瓶ビール追加した。

きっとこの店は2度と来ないなと思いながら、食べ物が運ばれてくるのを待っていた。

やっと焼き鳥2本到着。食べてみると、すんごく美味しいではないか、それには本当に驚いた。
シンプルな醤油たれがかかっただけなのに、なんで美味しく感じるのだろう?

Sponsored Link

まあ、そんなこともあるかと、次の料理を待っていた。

かなり待ってから、鰻丼が運ばれてきた。これもまたまた美味なのである。

鰻も日本産とあったが、本当においしいから、日本産だと思う。

香ばしく焼く事と、熱の加減がうまいのだと思われます。
鰻丼ついてきた肝のお吸い物文句なしのうまさ、

しばらく待っての天丼も、はい、最高においしいです。

 

土用丑の日2016.07.3は混むかと思ったので、前日に、この店に行ってみました。

カウンターに4人、座敷に4人のお客様がいて、いっぱいでしたが、カウンターのお客さんが帰る準備をしていて、そこにすぐに入れました。

今日は、焼き鳥2本と、うな重の松と竹をオーダー

以前食べたときはお腹がすいていたから美味しく感じたのかと思いましたが。

やはり、最高においしいですよ!
最後のお茶まで、丁度良い熱さで、最後の最後まで美味しいのです。

家に帰るまでの会話は、絶対にこの店、美味しいとは思えない店だよね~とか、

熱加減が良いと思わない?とか美味しい理由で旦那さんと盛り上がります。