不動産鑑定士は独学で合格できる勉強時間の平均って?

不動産鑑定士の勉強時間平均って?

一般の方に聞き慣れない資格の1つに不動産鑑定士という物があります。

この資格は、日本でも特Aクラスの難題資格とも言われており、

弁護士・公認会計士と共に難しい試験を突破しなければ

合格する事が出来ないです。

ただ弁護士や公認会計士とは違った見方をすれば受かる可能性も

他2つに比べれば高くなる可能性はあります。

 

不動産鑑定士に合格するためにどれだけの勉強時間が必要なのか?

まず皆さんに知っておいてもらいたいのが、

不動産鑑定士の最終的な合格率です。

最終的な合格率は全受験者の2~3%といった、

かなり狭き門ということがわかると思います。

しかし、この資格試験は2段階方式であって、

1次試験では全体の25%が合格しています。

また1次試験が合格している場合には、

2年間の猶予が与えられるために、

2次試験への対策を充分に作ることができるのが利点といってもいいでしょう。

不動産鑑定士に合格するための勉強時間がどれだけ必要なのか?

と考える方がいると思いますが、

基本的には時間よりも中身の問題が大きく左右してきます。

どれだけその参考書や過去問題の内容を理解できるか?

によって時間は短くも長くもなっていきます。

一般的には言われている合格する事ができる時間は、

1000時間とはいわれていますが、

正直これでは、確実に内容を理解している方のみが合格できる時間であって、

1から理解をしていく方の場合には最低でも、

2000時間以上の勉強時間が必要になると思っていた方が良いでしょう。

それにこの不動産鑑定士の受験者の多くが学生ではなく、

社会人の方が圧倒的に多く、

その分、勉強時間に差を付けられやすいとも考えられます。

 

不動産鑑定士は独学のみで合格する事が可能なのか?

先ほど最低でも2000時間以上の勉強時間が必要と紹介しましたが、

社会人となるとそうそう時間が取れる物ではありません。

会社から自宅までが近い方なら、

毎日3時間は勉強出来るかもしれません。

どうやってこの、2000時間を作りだす事重要になってくるわけです。

1次試験は短絡的試験といわれていますから、

ある手度、参考書と過去問を解いて理解するだけで

突破する事は不可能ではありません。

しかし、2次試験の論述式になると、

25%の1次試験合格者から更に2~3%に減ってしまう事になります。

1次試験を受けた中でも、

合格できるかできないか程度の状態も有りうるわけです。

いかにこの論述試験を突破するには、

多くのサイトでは、通学講座に通う事をお薦めしています。

確かにそれ専門の事がらを教えてくれるわけですから、

非常に有効な策は策になります。

但し、家庭がある方にとっては、

その授業料は家計を圧迫するほどの金額と言ってもいいでしょう。

当然ながら独学で論述試験が突破できないわけではありません。

論述試験が突破できない理由としては

論述の採点をする方がいないという事がネックになってしまいます。

論点がある程度あっていれば可能性がありますから、

確実に回答欄の論点の部分とそれへの導入から、

結論の流れがある程度見えていれば問題は少ないと思います。

論述式問題の制限時間は1時間だったと思いますので、

文字数も5000や10000文字以内という数字を出してくるわけではありません。

論点と導き方と結論がしっかりしていれば、

独学でも合格の道が開かれる事になるでしょう。

 

まとめ

不動産鑑定士は独学でも合格できるのか?

勉強時間はどのくらい必要なのかについて紹介してきました。

最難関の国家試験ですから、

確実に合格できる勉強方法は無いです。

いくら通学して勉強している方でも、

確実に合格できている訳ではないのですから、

要はどれだけ内容を理解する事ができるかが勝負どころなのです。

独学で合格を目指すとなれば、

ある程度の年数をかけて合格する目標を持った方が、

心にも余裕ができるでしょう。

例えば5カ年計画などを立てて行動するなどすれば、

5年後の合格を目指して日々理解度を深めていける訳ですからね。

 

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。