軽自動車の税金でも、13年以上の車は高くなる?

軽自動車の税金、13年以上の車は高くなる?

毎年5月頃に送付されてくる自動車税ですが、

これが送られてくるたびに頭を悩ませてしまう方も大勢いるのではないでしょうか。

普通自動車の場合には、2000㏄を超えてくると非常に割高感を感じますからね。

それに比べて軽自動車は、税金が高くなったとはいえ、

まだまだ普通自動車と比較すると税金面では優遇されているように感じます。

 

軽自動車の税金がなぜ上がったのか?

2015年4月1日以降に軽自動車を購入した場合には、

新車・中古車共に、軽自動車税の増税がされています。

2015年3月31日までに購入していれば税金は据え置きの7200円だったのですが、

4月1日以降は10,800円に増税になっているのです。

一気に3,600円分毎年納税する金額が上がるのは軽自動車ユーザーにとっては、

安く維持できると思っていたのに、あてが外れた感じがしますよね。

これには理由があって、

自動車を購入する時にあった自動車取得税を廃止したことで、

購入時の自動車に支払う総額が安く購入できるようになった事に関係があります。

国としては歳入が減った訳ですから、

どこかで補てんしなければならない訳ですから、

その補てん先に軽自動車税の自動車税を引き上げたのです。

軽自動車税は、自動車を持ち続ける限り、

毎年、税金を納税しなければならないので、

軽自動車を長く使用する場合には、

自動車取得税の税金を超える事となってしまいます。

新車を購入した場合には車体価格の総額が安くなるので、

軽自動車税くらいと思うかもしれませんが、

長い目で見れば、それだけ税金を多く納税する事になるのです。

ちょっとでも、国赤字を減らしたい

という考えに基づく増税という事になるのです。

軽自動車税は購入してから13年が経過すると税金が高くなる?

13年経過している軽自動車・普通車の場合に、

自動車税の金額が一気に上がることになっています。

13年目となるのは車検が新車購入時から6回目の車検を通すか通さないかで、

自動車税の納税金額が20%も上昇する事になります。

10,800円×20%=12,960円になるのです。

増税額は2160円の増税となります。

この自動車税の起算点は、

自動車が登録された時点から13年目に増税となるので。

では、なぜ登録時から13年目が経過すると、

税金を20%も上げなければならないのか?という事でしょう。

中古車の場合には、購入した時点で税金が高いものになっている場合もあるのです。

また、排ガス規制やECOカー減税等が関係してきます。

古い車を長く載っても税金が高くなるだけという政府の思惑があっての事です。

国が言いたいのは古い車に乗ってると、

税金は高くなるし地球環境も悪くなるし

今ならECOカー減税も受けれるからという事で、

ECOカーにした方がお得ですよ!

と言っているのです。

それが嫌なら、高い税金を納税してねと言う事なのです。

 

まとめ

軽自動車の自動車税についていろいろ紹介してきました。

2015年の増税は軽自動車のみでしたから、

それだけ今までの税金が安かったという事でしょう。

それでも1,000㏄クラスの自動車税の半分にも満たないわけですから、

決して高い税率とは言い難いです。

但し13年を超えて来ると20%の課税がされますが、

原資小さいだけに上がり幅も少ないです。

これは普通車にのっている方の方が20%の課税はかなり大きいです。

ただ、残念なのはECOカー減税を受けるには、

車をスクラップまでしなければならない条件だったので、

いわゆる日本の名車というわれる車までもが、

姿を消す羽目になってしまったというのがちょっと残念でしたね。

 

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。