軽自動車の車検代金の平均は?車検で必要なものって何?

軽自動車の車検代金は?

現在日本の軽自動車の普及率は50%を超えています

新車の普及率になると40%以上にもなるほど、

それだけ人々の足になっている事がわかります。

車を所有している限り必ず付いて回るのが、

燃料費・税金・車検です。

この中でも車検の費用が群を抜いて一番高い費用になるはずです。

では、軽自動車の車検代金の平均的な金額はいくらぐらいなのでしょう。

 

軽自動車の車検代金の平気的金額はいくらぐらいなの?

車検時期になると憂鬱になる方もいるのではないでしょうか?

車検なんて必要無いんじゃないと思ってしまいます。

しかし道路運送車両法62条に車検についての規定が書かれているのです。

その為道路を走るには、

必ず安全基準を満たしている車しか走れないことになるのです。

車検代金の平均的代金は、

5万円~8万円といったところが相場になります。

この開きは車検を受ける場所によって差異が生じています。

 

ディーラー:6万~8万円

カー用品店:5万~6万5000円

整備工場:5万~6万円

ガソリンスタンド:4.5万円~5.7万円

 

といった金額が相場になっています。

現在の車検はほとんどの物が、

1日車検と呼ばれるもので、

車検項目の点検整備のみの場合がほとんどです。

この車検項目意外に不備が見つかればそれも整備する事になります。

この場合は別途日数が掛かかります。

この開きは事務手数料や基本整備費用の差によって生じる事が多いです。

ディーラーが若干高いのはメーカーとしての

安心安全を確実に行う為の費用と考えればいでしょう。

 

軽自動車税の車検に必要なものって何があるのでしょうか?

先ほど紹介した相場の金額の中には、

既に軽自動車の車両重量税と

自賠責保険・印紙代が含まれていますので、

お金意外で必要な物を紹介していきましょう。

 

車検時に必要な書類

1.車検証

2.自動車損害賠償責任保険証明書

3.軽自動車納税証明書

4.点検整備記録簿

 

の4点が必要になります。

基本的には、軽自動車納税証明書以外は車検証と一緒に車の中で保管されているので、

納税証明書だけ忘れなければ問題ありません。

納税証明書を忘れないようにするには、

納税したその場で車検証のカバーの中に入れておけば忘れる事はありません。

また場合によっては印鑑が必要になるかもしれませんから、

シャチハタ式の印鑑ではなく、

普通の三文盤でいいので持っていっておいた方がいいでしょう。

後の手続きに関する書類は、

担当の方が行ってくれるはずなので大丈夫です。

 

まとめ

軽自動車の車検代の平均金額や車検で必要な物について紹介してきました。

車検を受ける事は本来は継続検査と言われている物です。

最低限どの安全を確保する目的の物ですから、

常に車の状況を把握するのはドライバーの責任となります。

また中には車検を忘れてしまったなど車検期日を過ぎてしまった場合、

トラブルを起こしてしまった時にはありとあらゆる保険が効かないだけでなく、

ドライバー自身も警察の御厄介になる可能性もあるので、

必ず車検は受けましょう。

それに車を長く載りたい方には、

車検は必要な整備システムと思った方がいいでしょうね。

 

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。